琵琶湖オープンフォトセッションに参加しました!

スポンサーリンク
釣行記
スポンサーリンク

どうも、つんつんです。
先日の日曜日は琵琶湖オープン第一戦フォトセッションにBRUSH様からお誘いを頂き、参加させて頂きました。

BIWAKO OPEN 公式ホームページ 琵琶湖最大級 バスフィッシング トーナメント:ビワコオープン
ビワコオープンは琵琶湖最大級のバスフィッシングトーナメント アマチュアもプロも参加できるオープン大会です

新型コロナウイルスの影響で一箇所に集まっての検量・表彰式を避けるために今回第一戦はWEB上でのフォトセッションという形での開催になりました。
大会公式レポートはこちらから↓

BIWAKO OPEN 2020

私は昔から仲良くしている愛知の中川兄弟と出場しました。
弟のリュウガくんは現在ノリーズプロスタッフとして活躍中。

ryuga nakagawa 中川瑠凱(@ryugabass)さんはTwitterを利用しています
冷え込みで水温は下落傾向

朝一は最近の中では唯一個人的に手応えを感じている北湖東岸流入河川周りを時間かけてじっくり狙うプランで、その後南湖にインして下物浚渫エリアで展開することに。

すると幸先よくリュウガにナイスフィッシュがヒット。
フォトセッションは二匹の長寸勝負なので、サイズを測ると49センチでしたが、パッと見て、50アップかのような体型!

スポンサーリンク
エスケープチビツインの3.5gフリーリグにて

ひとしきり河川周りを丁寧に攻めるもショートバイトのみでキャッチには至らず・・・

ここから展開を大きく変えて南湖IN!

この時期私が得意な下物浚渫エリアをチェックしていく。
ベイトは良い感じに入っていて、二箇所目でバイトを得るもこれものらず・・・

すると次第に強風〜暴風になり、釣りが困難な状況に。
西岸に移動してみるも風裏はボートだらけで釣りができるスペースがほぼない状況。どうするこれ・・・

いろいろ転々としてみるも、これといったスポットは見つからずストップフィッシング。

スポンサーリンク

今回の琵琶湖オープンはフォトセッションなので、時間内にBRUSHのBIGFISHコーナーへ投稿して、それを集計してランキング発表という仕組みでした。
湖上から釣れたバスを写真をBIGFISHコーナーへ投稿させて頂きました。

今回に限らず、BIGFISHコーナーへは個人的に時々投稿させて頂いています。
沢山の人の釣果で賑わっており、一度覗いてみてはいかがでしょうか?

コメント