お知らせ・お役立ち情報

ブラックバスが釣れない人が琵琶湖でフィッシングガイドを受けた方が良い理由

お知らせ・お役立ち情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブラックバスが釣れない人が琵琶湖でフィッシングガイドを受けた方が良い理由

皆さんどうもこんにちは。つんつんこと、浅野敦哉です。
私は滋賀県に位置する琵琶湖でフィッシングガイドを生業としています。

ブラックバスって正直釣るのが難しいです。それは私自身、琵琶湖でガイドをしていても感じることです。
そんな悩みを感じている方がこの記事に辿り着いていると思うので、そういう方に向けて、一つの提案として私がしたいのが、「琵琶湖でバスフィッシングガイドを受けてみる」ことです。

スポンサーリンク

この記事では琵琶湖でバスフィッシングガイドを受けるメリットについて、深堀りして解説していきたいと思います。
一点注意して頂きたいのが、必ずしも私のガイドに来てほしいからこの記事を書いているわけではなく、
私以外にも沢山の素晴らしいガイドさんがいらっしゃいますし、単純にボートに乗ってバス釣りをするということ自体に楽しみを感じてもらいたいという思いがあります。

琵琶湖でバスフィッシングガイドを営業されている方の一覧は琵琶湖情報BRUSHさんで見ることができるので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

PRO ANGLER
琵琶湖 バスフィッシング情報、動画・ムービー満載。釣果速報を琵琶湖のマリーナ、レンタルボート店、釣具店からお届け。琵琶湖のプロガイドのアドバイス、タックル情報、コラム、ムービー(動画)も必見

バスフィッシングガイドを依頼するメリット

スポンサーリンク

バスフィッシングガイドはどんなサービス?

バスフィッシングガイドのメリットを説明する前に、まずはそれがどんなサービスか知ってもらうのが先ですね。

お金を支払って、ガイドさんのボートに乗船し、そのタイミングで有効な釣り方をレクチャーしてもらいながら、バスフィッシングを楽しむというサービスになります。

もっと簡単に言うと、お金を払ってバスを釣る、もしくはそのテクニックを勉強するサービスになります。

ブラックバスが釣れない理由を明確に教えてくれるのがガイド

一人、もしくは仲間でバス釣りを楽しんでいるとどうしても上達のレベルには上限があると思っています。
雑誌やYouTubeで勉強できる部分も多いとは思いますが、実際に釣って勉強するというのが最も効率的ではないでしょうか。

ガイドさんは毎日湖上に出ており、豊富な知識と経験があるので、バス釣りに関する悩みや疑問を明確に解決してくれるはずです。

スポンサーリンク

琵琶湖ガイドの料金相場はどのくらい?安い人だといくら?

ガイド全体を見渡した時の大体の料金相場は以下になります。

一名で乗船する場合の料金相場
・約25,000円〜40,000円

二名で乗船する場合の料金相場
・約35,000円〜50,000円

ちなみに私のガイド料金は一名乗船の場合、36,000円/8時間、二名城線の場合、44,000円/8時間(2021年2月24日時点での価格)となっています。

ちなみに琵琶湖でバスボートをレンタルした時の費用は大体以下の通りです。
レンタルボートとフィッシングガイドは比較しても良いかなと思うので、一応載せておきます。

20フィート級(3名乗船できる大きさ)のバスボートをレンタルした時に掛かるコスト
・ボートレンタル費:約20,000円
・ガソリン代:約5,000円

レンタルボートを利用する場合・・・
・ポイントは自分(船長)が選ぶ必要がある
・魚群探知機やエレキは旧世代の物が付いている場合が多い
・毎回同じボートに乗れるとは限らない

以上の事に気をつけた上でレンタルボートを借りる必要があると思います。

スポンサーリンク

バスフィッシングガイドを依頼するメリット

私自身、今では自分がガイドをしていますが、実際に何度かガイドを受けたことがあります。
初めてバスボートに乗ったのもガイドを受けた時でした。

メリット1:バスフィッシングの動作の基本を学ぶ事ができる

メリット2:釣れるポイントに行ける

メリット1:バスフィッシングの動作の基本を学ぶ事ができる

バスフィッシングの動作の基本を学ぶというと大げさかもしれませんが、独学で何年もバス釣りをしていると、人それぞれ特有の癖が付く人が多いのは事実だと思います。
正しいフォームをもう一度覚えて、実践することで、ガイドを受けた後の釣果に繋がるのがガイドのメリットの一つです。

分からない事一つづつに丁寧に答えてくれる知識や経験を持つガイドさんが多くいるので、
もっとバスが釣れるようになりたいという向上心を持ってバス釣りに取り組んでいる方にオススメのサービスがバスフィッシングガイドです。

例えば、投げる、巻く(アクションする)、フッキングするといったバスフィッシングの基本動作をその場で理屈も交えて説明してくれるのがフィッシングガイドです。
普段なんとなく行っていた動作に理由付けでき、頭で理解できるとさらに釣れるようになります。

メリット2:釣れるポイントに行ける

単純に釣れます。
ガイドさんは毎日湖上に出ているので、湖の状況を良く分かっているし、その時にどこでどんなルアーを使ったら釣れるか分かっています。

理屈を勉強するのも良いですが、実際に釣って経験を重ねる事が上達に繋がるのは間違いないです。
その上で、なぜ今このポイントでこのルアーを投げるのか等、その場で具体的に質問を投げかけられるのはガイドサービスを受ける人の特権ですので、そういったガイドの活用方法もアリだと思います。

スポンサーリンク

バスフィッシングガイドを依頼するデメリット

デメリット1:お金が掛かる

単純にお金が掛かるということだけがデメリットかなと思います。
強いて言えば、ガイドを受ける前はガイドを受ける事自体に高いハードルを感じてしまう人も少なくないと思います。

オススメの琵琶湖ガイドサービス

同業の私から見てオススメのガイドサービスを紹介させて頂きます!
ここで紹介しているサービス以外にも沢山良いガイドサービスがあるので、気になった方はぜひ調べて見て下さい。
ガイドさんの年齢や得意な釣りなどを見て、自分と相性が合うかどうかを見ていくのが、ガイドサービスの選び方としての正解かなと思います。

オススメガイド1:たまらんばい永野ガイド

オススメガイド2:CHASEガイドサービス

オススメガイド3:コジコジガイドサービス

オススメガイド1:たまらんばい永野ガイド

たまらんばい永野! 琵琶湖バスフィッシングガイド

永野さんの親しみやすい人柄と安定した釣果が大人気のガイドサービスです。
予約が取りづらいのが難点ですが、空いているタイミングがあればぜひ行ってみて下さい!

オススメガイド2:CHASEガイドサービス

琵琶湖 CHASE バスフィッシングガイドサービス
アノストレート(BOREAS:ボレアス)のネコリグを中心にテンスイやビッグスプーン(DAIWA:D-Spoon)で北湖・奥琵琶湖をご案内します。琵琶湖ならではの釣りを一緒に楽しみませんか。バスフィッシングガイド CHASE 石田雄三

チェイスガイドサービスの代表である石田さんは20年近く大手企業に勤務されていた方で、人当たりの良さが魅力的です。
ガイドの拠点が琵琶湖北湖にあり、素晴らしいロケーションと安定した釣果で楽しませてくれるガイドサービスです。

オススメガイド3:コジコジガイドサービス

琵琶湖フィッシングガイド小島明久のホームページ | 長年の夢を抱えてバスプロになり一番好きなことを仕事に生きてます
長年の夢を抱えてバスプロになり一番好きなことを仕事に生きてます

明るい人柄が人気のライトリグ〜ビッグベイトまで幅広い釣りに対応する懐の深いガイドサービスです。
私が学生時代にたまに行っていたのがコジコジガイドサービスでした。


この他にも沢山のガイドサービスがあるので、調べて見て下さい!
また機会があればガイドサービス紹介の記事なんかも作ってみたいと思います。

スポンサーリンク

琵琶湖北湖のガイドサービス「CONNECT」

「CONNECT」は琵琶湖北湖のバスフィッシングガイドサービスです。

詳しくは下記の FISHING GUIDE をご覧の上、お気軽にお問い合わせ下さい。

コメント