フリーリグを多用している理由とは

スポンサーリンク
テクニック
スポンサーリンク

どうもつんつんです。
9月はBOREASルアー研究所のメンバーで淡路島キャンプ、五三川オカッパリなど、ホームである琵琶湖北湖以外で釣りする機会が多くありました。
タックル一本を持って回る時間が多かったので、普段の琵琶湖北湖とは違う釣り方で釣りをしてみました。

フリーリグのメリット

特に多用したのが、フリーリグです。
私の場合は、UKSから出ているフリフリシャフトにバレットシンカーを通して、フリーリグ用シンカーを作成して使用しています。

通常のテキサスリグ用シンカーと異なり、フリーリグ用のシンカーはラインに通した時の抵抗が少なく、ワームがフリー(ノーシンカー)状態になる時間が多いです
シンカーが先行して沈下していき、遅れてワームがノーシンカー状態でフォールするのがフリーリグのアクションのメリットです。
これはシンカーを重くし、ルアー自体の抵抗が大きくなればなるほど、シンカーが着底してからの、ワームのフォール時間が長くなることになります。

また、キャストをする際にもシンカーが先行してルアーを引っ張ってくれるので、ロングキャストが可能になります。

この二つのメリットは私にとって非常に有意義であるので、特に飛距離が必要で、バスの状況がよく分からない初場所では、重宝しました。
フックはそのままでワームのみを変えることでバスからの違った反応を得ることができました。
使用していたワームは、アノスライダー、エスケープツイン、バルビュータなどでした。

14グラムフリーリグ

今までフリーリグを多用するタイミングとしては、特に春の琵琶湖南湖で最も出番が多かったです。

フリーリグの使い方が分からない人はこれを見て!【フリーリグ】

フリーリグの使い方にイメージが湧かない方はこちらの動画をご覧ください。

琵琶湖ガイド募集中

10月ガイド募集日
ご予約は下記から
TEL: 090-7695-2674
MAIL: lakebiwa.connect@gmail.com
10/4.7.8.9.10.11.12.15.16.17.18.21.22.25.28.29.30

ガイドの詳細はこちらからご確認頂けます↓

コメント