テクニック

【少し変えるだけ】もっと魚が釣れるテクニック

スポンサーリンク
テクニック
スポンサーリンク

どうもつんつんです。
今回はワームを使ってバスを釣る時に非常に大切なテクニックについて記事にしてみたいと思います。
もっと釣れるとは書いてみましたが、新しく覚える必要があるものではなく、自分の意識や方法を少し変えてみるだけで十分です。

真っ直ぐ針を刺すこと

結論から先に言うと、ワームにフックをセットする時、フックが真っ直ぐ刺せているかどうか、これが釣果に大きく影響します。
何故真っ直ぐ刺さないといけないのか。真っ直ぐ刺さないとどうなるのか。

・ルアー本来のアクションが崩れる
・フォール姿勢が崩れる→スパイラルフォールする→糸ヨレを起こす→トラブル多発などなど

デメリットしかないので、真っ直ぐ刺さない理由が見当たらないです。

スリットの入ったワームを使えば真っ直ぐ刺すのは簡単です

ボレアスから発売しているアノスライダーはネコリグ専用ワームであるアノストレートとは異なり、オフセットフックへの対応力を高めたストレートワームになります。
ワームの背中側には、針先を隠すためのスリットとワームのセンターを示すセンタースリットが入っています。お腹側には、センタースリットが入っています。
このスリットを目印として、オフセットフックをセットすれば当然真っ直ぐ刺すことができるので、簡単に釣れるセッティングで釣りができると言うわけです。

もちろんアノスライダー以外のワームでも真っ直ぐ刺すことが基本であり、超大切なことですので、意識してリグってみて下さい。

琵琶湖ガイド募集します

9月ガイド募集日
ご予約は下記から
TEL: 090-7695-2674
MAIL: lakebiwa.connect@gmail.com
9/11.12.16.17.18.19.22.23.24.25.27.30

ガイドの詳細はこちらからご確認頂けます↓

コメント