最近ハマっている釣り方教えます!

スポンサーリンク
釣行記
スポンサーリンク

どうも、つんつんです!

琵琶湖ガイドの先輩エノキくんに教えてもらったジグヘッドスイミングの釣りで良い魚が釣れたので、どんな感じで釣れたかを解説したいと思います。

エノキガイドサービス
↑ピンスポットでのビッグバス狙いを得意とするガイドです。

56センチ3400グラムでした。

丸々太った北湖らしいバスでした

穏やかな予報だったので、久しぶりに昼前から出船して魚探掛けしつつ釣りをしてきました。
色々回ってみたんですが、結果的に釣れたのは、水深が4mから9mに深くなっていくブレイクラインに位置する高さのある岩でした。

魚探映像

ローランス魚探映像

白丸で囲ったのがで、高さはおよそ2mくらいありました。
この映像には写っていないですが、最初に写した時には、この岩の上にバスが浮いているのが魚探映像で分かりました。
魚探映像でバスってどうして分かるの?という質問があると思いますが、岩の上にチョンチョンといった感じで点が浮いている映像があります。
はっきり映る何か。なので、恐らくバスもしくは他の魚と推測できます。そして、気になったらとりあえずルアーを投げてみます。

それで今回は上手い具合にポイントにルアーが入ったなーと思い、竿を揺すってスイミングさせてきて、ブレイクラインにルアーが差し掛かったところで、コンっというアタリがありフッキング!という流れでした。

釣れたポイント紹介

狙っているポイントのイメージ

ボートを停めている所の水深は約9mで狙っているポイントの基準の水深は4mで、そこから9mまで落ちるブレイクライン上にある岩。
いわゆるダウンヒルというテクニックで狙いました。

ダウンヒルとは・・・水深が浅い側から深い側に落としながら釣ってくる釣り方
アップヒル・・・深い側から浅い側に登らせながら引いてくる釣り方

ボートを停めている場所、つまり水深9mにベイトフィッシュが沢山写っていたので、水深が深い側のストラクチャーももう少し丁寧に釣りたかったのですが、北風が吹いてきて波が高くなってきたので、いそいそと退散しました。

釣ったルアーとタックル

今回使用したのは、デプスさんのサカマタシャッド6インチに2.6グラムのジグヘッド(フック#2/0)をセットしたものでした。

サカマタシャッド6インチ

リールはダイワのルビアス2506にPEラインの0.8号をセットしたものに、ショックリーダーとして、フロロカーボンの10ポンドを結束して使用しました。
ロッドはルアーショップおおのさんのオリジナルロッドで、我らが長谷川耕司さんプロデュースのアリヴェールダンス69でした。

PEラインを使用する理由は感度が高い点、飛距離が出し易い点の2点です。

ロッドアクション

基本的にロッドを横に構えてラインスラックを叩くようなイメージで、トントントンとリズムよくシェイクします。
この釣りを教えてくれたエノキくんが自身のnoteで詳しく解説しているので、気になる方はそちらを是非覗いて見てください!↓

サカマタシャッドのロッドアクションについて|榎 遼介|note
サカマタシャッドのジグヘッドリグの釣りをする時に気になるのがロッドの動かし方だと思います。[有料部にロッドアクション動画あり] 今回はそのロッドアクションについて書いて見ようと思います。 まず基本的にロッドアクションにはロッドを縦に振る縦捌きと、横に振る横捌きがあります。 そして私がガイドをしていて、ゲストさん...

これから期待している釣り方

今回釣ったジグヘッドスイミングもですが、アクスイアクスイヘッドを使用したスイミングジグの釣り方もデカバスを釣るテクニックとして個人的に超オススメなので、また紹介したいと思います。

スイミングジグにはこのロッド・・・スティーズウェルズリー一択!

ちなみに19アンタレス買いました・・・最高です・・・!!
こちらもまたレビュー記事にしたいと思います。

以上つんつんでした!
この記事が面白かったと感じてくれた方は是非SNSでシェアお願いします!

琵琶湖でフィッシングガイドやってます!↓

ガイドゲスト募集します。
3月予約可能日↓
3/4.5.6.7.9.11.12.14.15

コメント