なぜこのタイミングで19アンタレスを買ったのか・・・

スポンサーリンク
タックル・ボート
スポンサーリンク

どうも、つんつんです!

先日こういったツイートをしました。

今までずっとベイトリール、スピニングリール共にダイワ製のものを使用してきました。
中学生〜高校生時代はベイトリールに限り、カルカッタコンクエストやアンタレスを使用していた時代はありました。



なぜこのタイミングでシマノ製である19アンタレスを導入することになったのか・・・

去年の11月にボレアスメンバーでメキシコはレイクピカチョスとレイクエルサルトに遠征に行ってきました。
アングラーズインという会社が運営しているバスの管理釣り場みたいな場所です。
その時にリールの一部を乗り換えようかなと感じました。

ストレートワームを可能な限り繋げて釣ってみた
スポンサーリンク

理由は3つあります

耐久性

ほぼこれといっても良いくらいの理由ですが、それまではスイムジグやジョイクロ178、タイニークラッシュなどの巻物にはダイワのスティーズA TWを使用していました。

もちろんメキシコ釣行にも持って行きました。
釣りした日数はトータルで5日間でしたが、その間釣った魚の数はなんと・・・約400匹!

このリールだけでも100匹ほど釣ったと思いますが、そうすると、メインギアが逝ってしまいました

STEEZ A TW は軽さ巻き心地の良さが気にいって使用していましたが、ギアが逝ってしまうと、巻きの感度を最重要視しているスイムジグの釣りには使えません。

ですので、ギアも含めたリールの耐久性に期待してアンタレスを導入することに決めました

19アンタレスにロッドはスティーズ ウェルズリー

巻き心地

もちろんSTEEZ A TWも巻き心地は最高だったのですが、シマノ製のフラッグシップモデルの巻き心地も体感してみたいということで、導入してみました。


先日の投稿に出てきた榎ガイドもアンタレスシリーズを溺愛している一人。ずっとガイドで使用していても巻き心地に劣化が中々見られない点が気にいっているみたいです。
2年ほど榎くんが使用したアンタレスとお客様が持ち込んだ新品のアンタレスと比較しても巻き心地に大差が無かったとの検証結果もあるみたいです。

初心に変える

???と思われる方もいるかもしれませんが、誤解を恐れずに言うと、やはり業界にいたり、普通の人よりも釣りに行ける回数が多くなると、道具に対する執着心や好奇心が薄くなることは否めません
もちろんコダワリはものすごくありますが、実は新しいものへの興味が以前よりも薄くなったりしていることを感じていました。汗

純数にバス釣りを楽しんでいた頃の気持ちを思い出す為に道具を一度リセットしてみるのも良いかも。と思い、今回のアンタレス購入に至りました。

以前好きな時に釣りに行ける立場では無かった時に、釣りに行けない時に道具を買ったり、弄ったりするのがものすごく楽しかったことを思い出しました。

スイムジグには巻き感度の高いタックルが必要不可欠です

このリールはネットで購入したのですが、届くまでがものすごく待ち遠しかったし、早く投げてみたい!と思って、届いてすぐオカッパリで投げに行きました。笑

まとめ

まだ数回しか使用していませんが、買って良かったと思います!
耐久性については今後の経過観察になりますが・・・

愛着のある道具で好きな湖に釣りに行く。

こんな最高なことができることに幸せを感じて、もっと釣りに行きたいと思います。

皆さんもお気に入りのタックルがあると思います!
SNSでそういった内容での交流なんかもしたいと思っているので、またよろしくお願いします!

以上つんつんでした!
この記事が面白かったと感じてくれた方は是非SNSでシェアお願いします!

琵琶湖でフィッシングガイドやってます!↓

ガイドゲスト募集します。
3月予約可能日↓
3/6.7.9.11.12.14.15
.20.21.22

コメント