PEラインをスプールに巻く時に気をつけること

スポンサーリンク
お役立ち情報
スポンサーリンク

どうも、つんつんです。
最近はスピニングタックルにPEラインを巻いて使用することが増えてきました。
特にデビルズテールの表層直i字下引きやサカマタシャッドのジグヘッドスイミングなど、PEラインのメリットを活かした釣りをするシチュエーションが増えました。

そこで、PEラインをスプールに巻く時に気をつけないといけないことを簡単に書いてみます。
ちなみに使用しているPEラインはよつあみの沈むPEラインです。こちら↓

使っている人は分かる人が多いと思いますが、これからPEラインを使用した釣りに挑戦してみようという方に向けて書きます。

スポンサーリンク

PEラインをスプールに直に巻き付けるのはNG

スプールにPEラインを直結して、巻いていくと、魚が掛かった時や根掛かりした時など、スプールにテンションが掛かる状態になった時に、PEラインが滑って上手く巻き取れなくなります
それだけでなく、ラインがスプールにきっちり固定されない状態で、糸を巻くとライントラブルも発生しやすくなります。

FCリーダーを組んでやるのがオススメ

じゃあどうしたら良いの?

答えは簡単です。
フロロカーボンラインでリーダーを組んでやれば良いだけです!

結び目の大きさや結束強度は気にする必要がないので、リーダーとメインラインの結節は電車結びで良いと思います。
PEラインとフロロリーダーが結べたら、リーダーの方をスプールに結びます。
ここも結び方は簡単で良いです。私はユニノットです。

スポンサーリンク

電車結びのやり方はこちらを参考に↓

【結び方】初心者必見!釣り糸の結び方電車結び編【釣りの楽しさを伝える動画】
スポンサーリンク

琵琶湖ガイド募集します

琵琶湖ガイド募集します。
このブログを見て頂いた方限定で、お一人様特別料金をご案内致します。
通常36,000円→30,000円(4月末まで)
ご予約の際にブログ見たと一言添えて下さいませ。
※二名様料金は変更無しです

ご予約は下記から
TEL: 090-7695-2674
MAIL: lakebiwa.connect@gmail.com

4月募集日
4/18.19.20.22.23.24.25.26.27.29.30

コメント