タックル・ボート

巻物にはロングハンドルを装着したリールが良い理由

タックル・ボート
スポンサーリンク

どうもみなさんこんにちは。つんつんこと、浅野敦哉です。
私がフィッシングガイドをしている琵琶湖北湖ではいよいよスイムジグシーズンに突入しそうな雰囲気が漂ってきました。

そこで、私がスイムジグなど、巻物で使用するタックルを紹介させて頂きたいと思います。

スイムジグやアラバマなどに使用しているのは、19アンタレスです。

19アンタレス(シマノ)にVARIALHANDL p.c.d.100(DRT)の組み合わせ
スポンサーリンク

ロングハンドルを装着した方が良い理由

私は巻物用のリールにはロングハンドルを装着することを推奨しています。
もちろんドレスアップ的な要素もありますが、実用的な部分での意味合いが大きいです。

VARIAL HANDLE p.c.d.100 (DRT)
スポンサーリンク

巻物にはロングハンドルを装着したリールが良い理由

・巻き抵抗が少なくなる
・ノブがつまみやすい

・巻き抵抗が少なくなる
テコの原理から、ハンドルが長い方が軽い力で巻くことができます
軽い力で巻くことができると、ウィードや岩に軽く触れたのが分かったり、極めるとバスがルアーの後ろについてきているのが分かるようになったりとメリットが多いです。

・ノブがつまみやすい
純正の少し小さめの平たいノブと比べて、バリアルなどのカスタムハンドルに付属しているノブは大きく、つまみやすい、もしくは指何本かで握り込みやすくなっています。

スポンサーリンク

巻物にオススメのカスタムハンドル

私が特に気に入って使っているハンドルは二つです。

・VARIAL HANDLE p.c.d.100 (バリアルハンドル100) / DRT
・クランクフェザー110 / リブレ・メガテック

・VARIAL HANDLE p.c.d.100 (バリアルハンドル100) / DRT

厚みのあるハンドルプレート
つまみ損ねにくく、すべりにくいノブ

ハンドルプレートの厚さ・ガッチリ感特徴的なハンドルノブが良いバリアルハンドルです。
厚いハンドルプレートは、剛性が高く、巻物の中でも少し巻き抵抗のあるルアーの使用において有効です。
バリアルハンドルの代名詞とも言える特徴的なハンドルノブは、雨の日など濡れても滑りくくつまみ損ねにくい素材と形で出来ている事が非常に良い点と言えます。

ただ、バリアルハンドルは正直重いです。
なので、使用用途は限られるというのが本音ですね。
デザインも非常に格好良くて良いのですが。あとは手に入りにくい点も難点だと思います。

スポンサーリンク

・クランクフェザー110 / リブレ・メガテック

肉抜きされた軽量のハンドルプレート
つまみやすく感度の良いチタンノブ

厚みがあり少し重たい先ほどのバリアルハンドルとは異なり、クランクフェザー110では、肉抜きされた軽量のハンドルプレートとなっています。
ハンドルが長いのと、見た目のイメージから重そうと思いがちなロングハンドルですが、このクランクフェザー110は驚異的に軽いです。
軽さは感度に繋がると思うので、繊細に巻き取るスイムジグの釣りやシンキングスイッシャーなどの巻き抵抗の少ない巻物に最適だと思います。

繊細に巻き取る巻物で使うので、少しこんもりしてつまみ損ねしにくくも、素材がチタンで感度が良いハンドルノブが非常に優秀です。

スポンサーリンク

巻物用リールはアンタレスが至高

個人的に巻物用リールにはアンタレスシリーズが非常に使いやすく気に入っています。

以前はダイワのリョウガを使っていました。
巻き心地は非常に良くマグネットブレーキの快適性も優れていましたが、手で握り込んだ時に少し違和感を感じていて、巻き心地とパーミング性を両立したバランスの良いリールが欲しいなと思い、19アンタレスを導入しました。

19アンタレス(シマノ)にクランクフェザー110(リブレ)の組み合わせ

スポンサーリンク

・巻き心地が滑らか
これはシマノリール全般に言えることですが、非常に巻き心地がシルキーで巻いていて気持ち良いです。
とはいっても、私はほとんど上位機種しか使わないので、SLXなどの中堅クラスのリールのフィーリングも気になります。
ちなみにダイワのリールの中ではリョウガはかなり良かったです。そのまま所有しても良かったのですが、タイミング的に手放してしまいました。

・キャストフィールが良い
34Φナロースプールの恩恵で使えるルアーウエイトの幅が従来のアンタレスより広がり、投げやすく使いやすくなっていると思います。
ただ、ナロースプールのため、ロングキャストした際なんかは、着水点と巻いてきた自分の手前辺りでは、スプールの径が変わってしまうため、ハンドル一回転当たりの巻取り量が変わってしまうので注意が必要です。

・手元に重心が来るちょうど良い重さ
19アンタレスの自重はカタログスペックで220グラム
ロッドを縦に捌いて誘うワームの釣りで使うとなると少し気になる重さですが、この重さが逆に巻物をするときには重宝します。
具体的には、重さがあることで、手元に重心があり、安定して巻き取ることができるのが良いです。
そうすると竿先がブレにくい、つまりルアーが泳いでくるレンジが一定になる。ということになるわけです。

巻物の基本はルアーが泳ぐレンジは一定というところにあると考えています。

 

スポンサーリンク

 

みなさんこんにちは。琵琶湖バスフィッシングガイド「CONNECT」浅野敦哉です。

そろそろ冬のスイムジグやアラバマなどの巻物シーズンが間近に迫っています。
今回はそんな巻物に最適なリールのカスタム術をお伝えさせていただきます。

特にスイムジグやアラバマで釣れるイメージができないという方に、ぜひ試していただきたいカスタムですので、このまま読み進めてみてください。

巻物と合わせて、サカマタシャッドのミドストも熱いシーズンになってきますので、
こちらの記事も合わせてご覧ください。

コメント