魚探でボートの燃費が一見できる方法とは

スポンサーリンク
タックル・ボート
スポンサーリンク

どうも、つんつんです。

先日のブログでローランス魚探の地味に使える機能を紹介しました。↓

ローランス魚探の地味に使える機能紹介

ここで、ガソリンの使用量を計算する方法を紹介しましたが、これはそれぞれのボートの燃費が分かっている前提での話でした。

どうやって燃費を把握しているの?と疑問が浮かぶのですが、私の場合は、ローランスから販売されているヤマハエンジンインターフェイスというリンクケーブルを使用して、魚探とエンジンをNMEA2000のネットワークで繋ぐことで、魚探本体の画面にエンジンの情報を表示させています。

私のプリセットの一例

上の画像は一例ですが、時速、燃費、回転数、エンジン冷却水温度以外にも、エンジンアワー、トリム角などなど、

非常に様々な情報を魚探本体に表示することが可能になるので、オススメです。
アマゾンのリンクがあったので、こちら見てみてください↓

ヤマハエンジンインターフェイス

スズキエンジンやマーキュリー用もあるみたいですが、探しきれなかったので、興味がある方はご自身の利用されているボートショップに聞いてみると良いと思います。

ちなみに私のボートのセッティングについては以前の記事を見てみてください!

本音を言えば、ジャックプレートの位置も魚探で分かるようになると良いのですが・・・汗

ジャックプレートのゲージの値段よ・・・

スタンダードジャックプレート(300HP) | Bob's Machine Shop Japan
スタンダードジャックプレート(300HP) 商品MENU スタンダードハイドロリックジャックプレート Standard Hydraulic Jack Plates ├ジャックプレート走行テスト アクションジャックプレート リフトプレートエルイーディゲージ Lift Plate LED Gauge ボルトキット B...

というわけであんまり需要は無いかもしれませんが、必要な人に届けば良いなと思って、この記事を書いた次第でした。

ここまで読んでくださった方ありがとうございます。
もし気に入っていただけたらブックマークしてもらえると嬉しいです。
どうも、つんつんでした。

スポンサーリンク

琵琶湖ガイドゲスト募集します

琵琶湖ガイドゲスト募集します

3月予約可能日↓
3/20.21.22.29.30

コメント