タックル・ボート テクニック

フリーリグにオススメのワームを紹介します【琵琶湖北湖ガイドがオススメする】

スポンサーリンク
タックル・ボート
スポンサーリンク

皆さんこんにちは!琵琶湖ガイド釣ろーよ!代表をしています、つんつんです。
今回は最近、多用しているアノスライダー5.8インチについての記事を書いていこうと思います。


スポンサーリンク

アノスライダーのサイズ展開

アノスライダーは、小さい順から3.8インチ4.8インチ5.8インチの3サイズのラインナップとなっています。
特に3.8インチと4.8インチはダウンショットリグキャロライナリグでの使用がオススメで、例えばアノスト4.5インチと比較してみると、圧倒的なバイト数があります。
逆に言えば、型狙いのアノスト数狙いのアノスライダーとざっくり簡単な使い分けをすることもできます。
じゃあ、5.8インチはどう使うの?という声が聞こえてきそうですが、今回は特に5.8インチについて、記事にしてみたいと思います。

アノスライダー4.8インチで65センチをキャッチしている動画はこちら

琵琶湖でデカイ魚を釣るならフィネスを習得せよ!【アノスライダー】
スポンサーリンク

アノスライダー5.8の使いどころ

私の場合、アノスライダー5.8インチはほぼフリーリグでしか使用しません。
元々フリーリグ自体が使いやすくて好みのリグなのですが、そのフリーリグで使用するワームのローテーションの一角を担うのが、このアノスライダーになります。
アノスライダー自体シルエットが細長く、ホッグ系などと比較すると、特に北湖で使用する際にはベイトフィッシュライクで非常に使いやすいです。
アピールも抑えめなので、クリア気味の水質にもマッチする気がしていて気に入っています。

ホッグ系で気に入って良く使用するのが、バルビュータエスケープツインドライブビーバーなのですが、これらは特にフォールを意識したアクションやロッド操作で使用します。これらはアピール力もアノスライダーと比較すると強めなので、そういった点での使い分けを推奨します。

一方、アノスライダーはナチュラルな誘いを意識して、ボトムでのフワっとしたアクションをさせて使用します。 
クリア〜ステインの水質では、アノスライダーを使用することが多いような気がします。

タックルとリグ

アノスライダー5.8インチのフリーリグのセッティングを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シンカーセレクト

一番多用するシンカーのウエイトが7グラムで、水深や風の強さ、バスの反応を見ながら、5グラム10グラム14グラムを使用します。
フリーリグでは、シンカーの形状も非常に重要になってきます。
基本的にボトムでのアクションで誘うことが多いので、少し引っ掛かりを感じやすい形状のものをオススメします。ボトムの起伏を感じれるのと感じれないのでは、集中力が大きく異なってきます。
ボトムの起伏を感じながら釣っていると、引っ掛かりを抜けた後の食わせるタイミングなどを意識して操作することができます。

つんつんオススメのシンカーはこちらです↓
引っ掛かりを感じやすい形状になっているので、通常のシンカーより1ランク軽いウエイトを使用することができます。

フックセレクト

フックはオフセットフックを使用します。特に最初から溶接リングが付いているものがオススメです。ワームの可動がフリーになりやすく、よりナチュラルに誘えるためです。
フックサイズはスティーズリングオフセットだと#1/0、他の種類のフックでも#1/0もしくは#1がマッチすると思います。
スティーズリングオフセットは線径がやや細く、フックにフッ素コーティングがしてあるので、非常に初期掛かりが良く使いやすいです。

DAIWA : スティーズ ワームフック SS OFS-RING オフセットリング - Web site
ダイワプロテスター陣監修のサクサス仕様ワームフック
スポンサーリンク

ロッド・リールセレクト

ロッドはノースフォークコンポジットのZFXシリーズを愛用しています。
番手は、69MHJWになります。

アノスライダーのフリーリグには、ミディアムヘビーアクションの7フィート前後のベイトロッドが扱いやすいと思います。
引っかかりやすいような場所では、ティップが入りにくい、ヘビーアクションのロッドに変更して使用することもありますが、小さな起伏でも感じ取りたいので、なるべくミディアムヘビーのロッドで使用したいところ。

リールはこれまた最近お気に入りの20メタニウムのエクストラハイギア
ボトム系のリグには、素早く糸ふけを巻き取って合わせられるエクストラハイギアのリールが必須です。
フッキングについては、私のYouTubeチャンネル「つんつんチャンネル」にて解説しているので、ぜひ一度動画でご覧下さい。
バイトがあったら十分に送り込んでの巻き合わせが非常に重要となっています。

20メタニウムは175グラムと、自重が非常に軽く、ロッドを縦に構えて操作するのがやり易いというところで気に入って使用しています。

最後に

今回はアノスライダー5.8インチのフリーリグの話をしましたが、これは他のワームに置き換えて応用できる部分もあるので、ぜひ一度フリーリグにチャレンジしてみて下さい。

※これはフリーリグの使い方が分からない人に向けた動画です
※これはフリーリグの使い方が分からない人に向けた動画です
フリーリグの使い方が分からない人はこれを見て!【フリーリグ】
フリーリグの使い方が分からない人はこれを見て!【フリーリグ】

琵琶湖北湖のガイドゲスト募集中です

このブログの著者つんつんは琵琶湖北湖でバスフィッシングガイドもしています。

北湖で釣りをしてみたいけど、どうやっていいのか分からないって方やアノストのネコリグを覚えたい!って方にオススメのガイドサービスとなっています。

ガイドの募集日程はこちらからご確認頂けます!

<11月募集日程>
11.15.19.20.21.22.23.25.29.30

釣り人のためのマッチングサイト作りました

バスボートに乗りたい人と乗せたい人を繋ぐマッチングサイトを制作しました。
「釣ろーよ!」と言います!
ボートオーナーは経費を浮かすことができ、ノンボーターは気軽にバスボートで釣りを楽しむことができます。釣ろーよ!を利用して、一緒に釣りに行く仲間を探してみませんか?

集まれ釣り人!釣ろーよ! | 釣り人マッチングサイト
集まれ釣り人!釣ろーよ! - トップページページです。「釣ろーよ‼」は気軽に釣り人とマッチングできるサイトです。

また、このサービスはボーターとノンボーターのマッチングだけではなく、ガイドサービスに一緒に行ける人を探している人レンタルボートの同乗者を探している人にもオススメのサービスとなっています。
ぜひ一度覗いてみて下さい!

今ならオープン記念で、登録料等が不要、料金は利用手数料の10%のみとなっています。

このブログ内でオススメの記事

琵琶湖北湖で効くルアーを5つ詳しく紹介
【実録】一般サラリーマンがバスボートを買って維持する方法!【コスト編】

コメント