サカマタシャッドタックル・ボート

琵琶湖北湖で効くルアーを5つ詳しく紹介

サカマタシャッド
スポンサーリンク
スポンサーリンク

琵琶湖北湖で効くルアーを5つ詳しく紹介

琵琶湖北湖をガイドのメインフィールドにしている私、浅野敦哉が経験に基づいて、オススメのルアーを紹介したいと思います。

琵琶湖北湖に来たことがある人なら分かると思いますが、北湖は非常に広大で、かつ水質がクリアーなので、どんなルアーを使ったら良いか迷います。
普段、野池や川でオカッパリをしている人にとって、ルアー選びやポイント選びで迷うと、中々バスが釣りづらいのが琵琶湖北湖です。

そんな人の参考になるように私の個人的な意見として下記の5つのルアーをオススメします!
タイニークラッシュ以外は琵琶湖周辺の釣具店であれば容易に手に入れられるので、一度試しに使ってみて下さい。

アノストレート/BOREAS

私のことを知っている人は大体予想がつくと思いますが、長年の相棒と言っても過言ではないこのルアー。

アノストレート/BOREAS

【サイズ展開】
・7インチ
・5.5インチ
・4.5インチ
・13インチ
・10インチ
・3.5インチ
・2.5インチ

アノストレート5.5″ (BOREAS)

【気に入っている点】

・偏平ボディで引き抵抗があるので水中でのルアーの様子が掴み易い
釣りしている感覚が良く分かるので、釣れる気を保って使い続けられる。
障害物にルアーが差し掛かった時などに抵抗感の違いを感じ取り易いので、非常に使い易いルアーです。

・釣れるバスのサイズがデカイ
アノストレートを頻繁に使用する以前は定番のスワンプクローラーを使用していました。他に良いストレートワーム無いかな?と探していた時にアノストレートに出会い、そこからアノストレートの使用頻度が上がり、釣れるバスのアベレージサイズが非常に上がりました

現在のガイドでは、サイズ狙いのアノストレートと手堅く釣るスワンプクローラーと使い分けています。

【得意ではない点】

・釣れるバスのサイズを選ぶので数釣りはしにくい
アノストレートはスイミングアクションで誘うので、そのアクションの効果もあると思うのですが、比較的釣れるバスのサイズが大きい。つまり、個体数の少ないサイズに的を絞るため、必然的に釣れる魚の数は減ります。

・スイミングアクションには慣れが必要
リールを巻きながら竿を振り、ラインスラックを使ってルアーにアクションを加える、アノストレートが得意とするスイミングアクション。これは竿先を振りながらそれと同時にリールで糸ふけを巻き取るという動作になるので、この動作をスムーズに行うためにはある程度の練習が必要となります

しかしこのアクションを身に付けたらビッグバスをキャッチできる可能性に一歩近づくことができます。

アノストレートで実際にゲスト様がキャッチされたロクマル4キロオーバーのビッグバス。

フィールドの水深が基本的には深い、琵琶湖北湖ボートフィッシングから生まれたルアーですが、
私は琵琶湖オカッパリ時代〜南湖ボーター時代も非常に愛用しており、一般的なイメージとは異なり、シャローやウィードエリアでの使用頻度も非常に高いです。

どんなところで使うルアー?

個人的な意見を言うと、アノストレートはストレートワームというオーソドックスなジャンル故に守備範囲がかなり広いルアーです。

・ガード付きマスバリでのネコリグは根掛かりしにくい
・シンカーのウエイト調整で幅広いレンジに対応可能


それを踏まえた上で、、、

まずは水深が浅い場所で試して頂きたいです。
なぜかと言うと、慣れないうちはスイミングアクションの基本である、竿を振りながらリールを巻くと言うリズムが早くなり過ぎて、ルアーがボトムから浮き過ぎてしまい、釣れなくなるからですね。

オカッパリだと特に遠投が必要になる場合が多いと思います。
アノストレートは一般的には重いと言われる3.5グラム〜7グラムくらいのアノストシンカーをセットしてスイミングさせて使用するため、遠投ば必要な場面でも有効になってきます。偏平ボディで水押しがしっかりあることも相まって遠くに飛ばしても、ワームの動きが手元に伝わってきます。

慣れてくると、上述したように水深50センチから15メートルまで、地形変化のあるスポット、ピン、フラットと幅広く対応することが可能です。

アノストシンカーはネジ形状になっており、ワームへ回してセットする、比較的ウエイトのあるシンカーになっています。

今年の早春に撮影したこちらの動画は水深2〜3m前後の一文字や岩が絡むブレイクで釣っています。竿の捌き方などを参考にしてもらえたらと思います。

【ネコリグ】コンスタントに釣果を出すならこれがオススメ【アノストレート】

次は、今大人気で手に入りにくいですが、タイニークラッシュの紹介です。

タイニークラッシュ/DRT

言わずもがな、昨今大ブームを巻き起こしているタイニークラッシュは当然琵琶湖北湖でも効きます。
少し波・風・濁りのあるタイミングで出番があります。

タイニークラッシュ/DRT

タイニークラッシュの使い方は?

基本的に最初から付いているノーマルリップに、テールはVテールに換装して使用します。
もうこれはデカイクランクベイトと思って使うと、デカい魚を釣ることができます。

ですので、ディープクランク用のタックルを用いて、ミディアム〜ファストリトリーブでただ巻きすることが多いです。

良く曲がるクランクベイト用のロッドとハイギア過ぎないリールを使用することがキモですね。

どんなところで使えば良い?

使用する場所は水深3mくらいまでで、ウィードエリアロックエリアで尚且つブレイクが絡む場所にベイトが回ってきていたら最高です。
ウィードの背が高い場所では少し水深があってもOK。
エビモやフサモなどの縦系ウィードが好ましいですね。

ウィードエリアを狙う際には、こちらのGガードを装着して使用しています。
圧倒的にウィードが引っかかってきにくく、かなりストレスが減るのでおすすめです。

オススメの時期は?

九州からの女性ゲストは、初めての琵琶湖でタイニークラッシュを使用して単日50アップ二本キャッチされました
女子がビッグベイト1日中投げ続けたら凄い釣果だった!【タイニークラッシュ】

次は、琵琶湖ワカサギパターンにも使えるI字形ワーム、デビルズテールの紹介です。

デビルズテール/BOREAS

いわゆるI字形ですね!
ワームのサイズは5インチあり、全長に占めるテールが少し長いボディ。

昨年琵琶湖で流行したI字系はかなりフィネス寄りで、ワームサイズも3〜4インチが主流だったのに対して、デビルズテールは5インチあり、やはり釣れるバスのアベレージサイズも大きいです。

琵琶湖だと40センチ以上が釣れる確率が高いI字形ワームです。
クリアウォーターへの対応力も高い釣りなのでぜひマスターして頂きたいです。

デビルズテール/BOREAS

【サイズ展開】
・5インチ
・8インチ
・3.5インチ

デビルズテールの使い方は?

フラフラさせずにまっすぐ棒引きすることが一番大切です。

そのためにラインスラッグを使ってたるんだ糸で引っ張るイメージで使用します。そのラインスラッグを出すためにロッドをシェイクします。
これはアノストのスイミングアクションに似たような竿捌きになります。

アノストの場合はスイミングさせる=アクションを加えるでしたが、デビルズテールはアクションを殺すためにスラッグを作ります。

2021年版、デビルズテールの使い方について、新しく記事を公開しましたので、こちらを参考にしてみて下さい!

デビルズテールを使用するタックルは?

スピニングタックルにPEラインのセッティングが基本です。
クリアウォーターに強いルアーというのもあり、ディスタンスが非常に重要です。

・飛距離を稼ぐ
・遠投した先でのフッキング性能


この二つの要素を満たすためにPEラインは必須です。
フラフラさせずにまっすぐ引くためには竿捌きが非常に大切ですが、タックルによってやり易さが大きく異なるので、タックルセレクトにも注目しましょう。

オフセットフックを用いたセッティングになり、マスバリでのI字形よりもフッキングにパワーが必要なため、フッキング重視のタックルセレクトです。
リールも軽いものを使用した方がストレスなく使い続けられます。

リーダーシステム

PEラインにフロロカーボンの10lbが基本です。
シチュエーションにより8lbに落としたり、12lbに上げたりもします。

メインラインとリーダーの結束はFGノットで行います。
FGノットのやり方は以前の記事で紹介しています。

ガイドゲストさんの釣果写真を一部紹介

バイトシーンも見えるので、迫力満点で楽しいです。

次はバイトが遠のいた時に使うと優秀なお助けルアー的なワーム、アノスライダーの紹介です。

アノスライダー/BOREAS

『困った時のアノスライダー』と僕らで呼んでいるくらいバイトが多いルアーです。
オフセットフックを用いたリグでの使用を前提とした形状になっています。
背中のスリットなんか、針先をきれいに隠せるのですごく気に入っています。

アノスライダー/BOREAS

【サイズ展開】
・3.8インチ
・4.8インチ
・5.8インチ

2021年版、アノスライダーの使い方を記事にしました。
詳しくはこちらをぜひご覧下さい!

オススメリグ

まずはダウンショットリグを試してみて欲しいです。
シンカーのウエイトは3.5g〜5g程度が使いやすいです。

シンカーを動かさないようにそっとその場でシェイクしてあげるような使い方がオススメです。
特にバスの産卵が終わった5月、6月のポストスポーニングの時期はステイを入れた使い方が絶大に効果的です。

【サイズ別フックサイズオススメ】
・3.8インチ→#4
・4.8インチ→#2
・5.8インチ→#1/0

アノストレートとの使い分け

アノストレートが線で誘うストレートワームだとしたら、アノスライダーは点で誘うストレートワームです。
ピンスポットで丁寧に誘う時なんかはダウンショットにして使用します。

北湖は規模の小さな沈みものを狙うことも多いので、なるべく移動距離を抑えて誘うことができるダウンショットはネコリグとの使い分けでより効率的にバスをキャッチすることが可能になります。

また、バイトが非常に得やすいワームなので、アノストレートで反応が得られない時に投入すると反応が得られたりするので、フィールドのコンディションを探る時にも非常に役立ちます。

タフった時はアノストレートよりもアノスライダーを使用する時が多いです。

フリーリグでの使用もかなりオススメ

特にこれからの5月、スポーニングも中盤〜終盤に差し掛かり、そういった個体が増えてきます。フィールドの状況としても、普遍的な地形変化に加えて、エビモやフサモなどの縦系ウィードが生えてくる時期なのでフリーリグは非常に効果的です。

そこをこのアノスライダーのフリーリグで丁寧に誘ってやると、良い釣果に恵まれると思います。
昨年はフリーリグ初挑戦の吉本芸人ファミリーレストランしもばやしさんもナイスフィッシュをキャッチされていました。

スローにズル引きやシェイクをするので、フリーリグはベイトタックルでの使用をオススメします。
また、フリーリグで使用する際は少しボリュームのある5.8インチでの使用もオススメです。
引き抵抗がしっかりあって使いやすいです。

次はもはや定番商品になったサカマタシャッドのジグヘッドスイミングについての紹介です。

サカマタシャッド/デプス

定番だと思いますが、昨年から使い始めました。汗
個人的にはジグヘッドリグで使用するのが気に入ってます。

いわゆるサカマタスイミングってやつですね。

サカマタシャッド/デプス

【サイズ展開】
・5インチ
・6インチ
・8インチ

気に入っている理由

ミドストはアノストレートのネコリグスイミングに近いリズムで行うことができるので、ルアーローテーションの一つとして加えるのが自然にでき、要素が違うので、ネコリグでは反応させられないバスをキャッチするための手段として有効だと感じています。

アノストレートのスイミングはボトムをきっちり取るのに対して、サカマタスイミングはボトムを切って魚を浮かせて釣ります。もしくは中層をスイミングさせているワームに対して追尾してきてバイトするようなイメージです。

バスフィッシングでリズムは非常に重要だと考えているので、このリズムを崩すことなく、異なる要素で攻めることができるという点が非常に気に入って使用していますので、これからさらに出番が増えるでしょう。

また、デカイ魚が良く反応してくれるという点も非常に気に入っている点の一つです。

サカマタスイミングの使い方

ミドストは流派があるようですが、私は竿を縦に捌くスタイルです。
ラインスラッグを叩くような感じで動かします。
アクションのイメージはアノストレートのネコリグスイミングとほぼ同じです

重めのジグヘッドをセットして使うのが良いアクションを出すコツです。
そのためフック選びも重要になります。
私はがまかつのホリゾンヘッドLGを使用しています。

2021年版、サカマタシャッドの使い方を記事にしました。
詳しくはこちらをご覧下さい!

使用する場所

ブレイクのちょっとした変化、漁礁、取水塔など、変化のある場所に対して、少し当てていく、もしくは少し浮かせて使うのが今の私なりの使い方です。

タックルセッティング

ポイントに対して、ディスタンスを取ってアプローチしたいので、飛距離重視でこれもスピニングタックルにPEラインセッティングです。

根がかりし易いところではファストテーパーでストラクチャーに食い込みにくいロッドを使用します。私の場合はアリヴェール69ダンス/ルアーショップおおの を使用しています。

それ以外、軽量、使い易さ重視で、ウィードやブレイクなどでは、エイシス66Lミドストスペシャル/フェンウィック を使用しています。

ラインはこちらもPEラインですが、シチュエーションによって太さを変えてリーダーを取って使用しています。
PEは0.6号もしくは0.8号、フロロリーダーは8lbもしくは10lbを使用しています。

詳しくは先程も紹介したこちらの記事をご覧下さい!

このルアーの実釣映像はこちら↓

屈指のデカバスハンターと真冬の北湖に釣りに行ってみたら凄すぎた・・・【サカマタシャッド】

以上琵琶湖ガイドのつんつんがオススメするルアー5つでした。
ここで紹介した内容は非常に簡単に書いているので、少しでも私の釣りに興味を持って頂けたらこちらのページをご覧下さい。↓

【実録】一般サラリーマンがバスボートを買って維持する方法!【コスト編】

コメント