タックル・ボート

琵琶湖北湖で効くルアーを5つ詳しく紹介

スポンサーリンク
タックル・ボート
スポンサーリンク

どうもつんつんです。
今回は私のガイドメインエリアである、琵琶湖北湖において時期・シチュエーション別に有効なルアーを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アノストレート/BOREAS

私のことを知っている人は大体予想がつくと思いますが、長年の相棒と言っても過言ではないこのルアー。

アノストレート/BOREAS

【サイズ展開】
・7インチ
・5.5インチ
・4.5インチ
・13インチ
・10インチ
・3.5インチ
・2.5インチ

【気に入っている点】

・偏平ボディで引き抵抗があるので水中でのルアーの様子が掴み易い
釣りしている感覚が良く分かるので、釣れる気を保って使い続けられる。
障害物にルアーが差し掛かった時などに抵抗感の違いを感じ取り易いので、非常に使い易いルアーです。

・釣れるバスのサイズがデカイ
アノストレートを頻繁に使用する以前は定番のスワンプクローラーを使用していました。他に良いストレートワーム無いかな?と探していた時にアノストレートに出会い、そこからアノストレートの使用頻度が上がり、釣れるバスのアベレージサイズが非常に上がりました

【得意ではない点】

・釣れるバスのサイズを選ぶので数釣りはしにくい
アノストレートはスイミングアクションで誘うので、そのアクションの効果もあると思うのですが、比較的釣れるバスのサイズが大きい。つまり、個体数の少ないサイズに的を絞るため、必然的に釣れる魚の数は減ります。

・スイミングアクションには慣れが必要
リールを巻きながら竿を振り、ラインスラックを使ってルアーにアクションを加える、アノストレートが得意とするスイミングアクション。これは竿先を振りながらそれと同時にリールで糸ふけを巻き取るという動作になるので、この動作をスムーズに行うためにはある程度の練習が必要となります

しかしこのアクションを身に付けたらビッグバスをキャッチできる可能性に一歩近づくことができます。

スポンサーリンク




フィールドの水深が基本的には深い、琵琶湖北湖ボートフィッシングから生まれたルアーですが、
私は琵琶湖オカッパリ時代〜南湖ボーター時代も非常に愛用しており、一般的なイメージとは異なり、シャローやウィードエリアでの使用頻度も非常に高いです。

スポンサーリンク

どんなところで使うルアー?

個人的な意見を言うと、アノストレートはストレートワームというオーソドックスなジャンル故に守備範囲がかなり広いルアーです。

・ガード付きマスバリでのネコリグは根掛かりしにくい
・シンカーのウエイト調整で幅広いレンジに対応可能


それを踏まえた上で、、、

まずは水深が浅い場所で試して頂きたいです。
なぜかと言うと、慣れないうちはスイミングアクションの基本である、竿を振りながらリールを巻くと言うリズムが早くなり過ぎて、ルアーがボトムから浮き過ぎてしまい、釣れなくなるからですね。

オカッパリだと特に遠投が必要になる場合が多いと思います。
アノストレートは一般的には重いと言われる3.5グラム〜7グラムくらいのアノストシンカーをセットしてスイミングさせて使用するため、遠投ば必要な場面でも有効になってきます。偏平ボディで水押しがしっかりあることも相まって遠くに飛ばしても、ワームの動きが手元に伝わってきます。

慣れてくると、上述したように水深50センチから15メートルまで、地形変化のあるスポット、ピン、フラットと幅広く対応することが可能です。

スポンサーリンク

アノストシンカーはネジ形状になっており、ワームへ回してセットする、比較的ウエイトのあるシンカーになっています。

今年の早春に撮影したこちらの動画は水深2〜3m前後の一文字や岩が絡むブレイクで釣っています。竿の捌き方などを参考にしてもらえたらと思います。

【ネコリグ】コンスタントに釣果を出すならこれがオススメ【アノストレート】

コメント