ウェアレビュー

保温性と感度を両立した冬の釣りに必需な防寒グローブ『エクストリームハンドウォーマー/Foxfire』

ウェア
スポンサーリンク

こんにちは!つんつんです。
滋賀県ではチラホラ雪が降るような季節になってきました。

毎年冬になると、釣り用のグローブ選びで悩みます。。。
できるだけグローブをせず素手で釣りがしたいのが本音ですが、寒いのでそういうわけにもいかないし。
かといって、防寒用のグローブはゴワついていることが多いので、素手で操作している時と比較すると、細かな変化を感じ取りにくくなってしまいます。

そこで、気になっていたFoxfireの『エクストリームハンドウォーマー』を買って試してみています。

エクストリームハンドウォーマー / Foxfire
スポンサーリンク

保温性と感度を両立した冬の釣りに必需な防寒グローブ『エクストリームハンドウォーマー/Foxfire』

かゆいところに手が届く商品が多いと感じているFoxfire。
最近のアウトドアブームでも注目されているメーカーだと思います。

そのメーカーのFishingラインからリリースされているのがこの『エクストリームハンドウォーマー』です。

このグローブは手のひら側が開いていて、リールやロッドなどを違和感なく握り込めるようになっています。

tててnて

従来の防寒グローブは手全体を覆うため、どうしてもゴワついて細かな動作などがしにくいと感じていました。

反対にこういった手のひら側が開いているタイプのグローブがあるのも知っていましたが、本当にあったかいのか?という素直な疑問が消えなかったです。

なので、冬の釣りではなるべくグローブを使わずに、ガチ寒い時はグローブを仕方なしに着けるといった形で運用していました。

このグローブの良いところは3つ

感度

グローブで手のひらが覆われていないので、リールやロッドを直接触れることができ、グローブを着けていない状態と何ら変わりのない感度で釣りができます。

ライトリグやミドストなど、細かい動作が必要な釣りにおいては、少しの変化を感じ取れるかが釣果に影響するので、手の感度は重要な要素となります。

手首が覆われているので寒くない

「ロングカフスパターン」と言われる手首まで覆う形状になっているため、手首が冷えにくくなっています。

僕が冬の防寒で気にしているのが、手首、足首などの血管が集中している箇所を冷やさないということです。
ロングカフスパターンを採用したこのグローブは手首を冷やしにくい構造になっているので、寒い環境においても快適に釣りを続けることができます。

ロングカフスパターン(手首まで覆う構造)を採用

手の甲側は防水性のある素材で濡れにくい

手の甲側はポリウレタン素材を採用し、多少の防水性能を持っています。

水滴が肌に触れると一気に体温を下げてしまうので、なるべくそういったことが発生しないように防水素材が採用されているのはありがたいです。

気になる点

19アンタレスやコンクエストなどには不向き

握り込むだけで明らかに冷たいフルメタルのリールを使用するときは、素直に手全体が覆われるグローブを使用するのがオススメです。

このグローブでも寒くはないのですが、やはり手のひらがリールに直接触れるので手が冷えやすくなります。

店頭にはあまり置いていない

僕は梅田のFoxfire直営店でたまたま見かけて購入したのですが、置いてある釣具屋さんはあまりないと思います。

試着できないのが気になる方もいらっしゃると思いますので、一応参考までに、
身長173cmで体重60kg前後の僕の手にはLサイズがちょうど良かったので、一般的な成人男性でしたらLサイズがちょうど良いと思います。

まとめ

ナイトや猛吹雪の中釣りするわけでもない限り、僕はこのグローブを使い続けると思います。
本当に買って良かったです。

冬〜春の釣りはこのグローブ無しでは考えられないですね。

皆さんも寒さというストレスから脱して、より良い釣りを!

ガイドレポートも更新中です

コメント